キャラクター紹介

日本の山岳地帯に伝わる「女天狗」伝説。その妖美な容姿は古来より各地に伝わり伝承されてきたが、満を持して現代の人間界に降臨してきた。その訳は、暇を持て余したあげくの物見遊山。かつてDOA大会に災いをもたらした万骨坊とは別の種族という。天狗界のならず者を倒したリュウ・ハヤブサが唯一興味ある人間であるとか。(DOA6公式サイトより引用)

特徴

女性キャラとしては珍しい低速の高火力キャラクター。P+Kこそ発生10Fだが、P,6P,Kといった基本的な技の発生が非常に遅く、基本的に発生勝負はできない。しかしバースやティナと違って投げが4Fで出るわけではないので、投げキャラというわけでもない。その代わり、打撃技は高火力かつガードブレイク技が多く、66P,66Kは中距離で振り合うには優秀な性能である他、上下二種類のOHを持ち(かつ、OHとしてはダメージが高い方)、投げもリターンに優れ、遠距離からは飛行による奇襲もできると、発生以外の面は高性能にまとまっている。

立ち回り技

P+K:女天狗最速の10F技。唯一発生勝負をまともにできる技だが、単発で派生が一切なくガード時の不利フレームが大きいので使いすぎるとあっさり対処されてしまう。
66P:リーチ、ヒット後の状況、発生などのバランスがよく、中距離から攻める技としてはかなり高性能。これと66Kが強いため、中距離戦は快適に戦える。
6K:前転してキックをかます。前転中に相手の上段技を避けることができ(タイミングはシビアなのでおまけ程度)、ガードされても大きな有利をとれると高性能で、66Pや66Kを警戒してガードを固める相手にはよく刺さる。特に相手が壁際にいるとガードブレイク後にこちらの打撃技を確定で入れることができる。
66T:OH。壁際だと派生Pが出せてより威力が上がる。発生が遅い女天狗にとってその差をごまかせるOHは非常に重要な技。

浮かせ技

空中コンボ

基本戦術

最遅レベルのキャラなので、誰が相手であろうと近距離戦は避けたい。P+KやOHを使ってごまかすくらいしか基本的にはできない。中距離、具体的には相手のPが届かない距離(≒発生勝負を避けられる)距離を取れれば、そこからは女天狗の番で、強い打撃技(66P,66K)かガードブレイク技、OH、と優秀な択を使うことができるようになる。

対策

バースや女天狗を使っているならともかく、基本的には発生で負けることはないので、大抵近距離で立ち回り、得意の中距離以遠の戦いに持ち込ませないことが大事。近距離で女天狗ができるのはP+K暴れ、OH、ゲージ行動くらいなので、極めて有利に戦えるはず。最速打撃キャラならばPの発生が9FでP+Kすら機能しないのでより有利に戦える。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-29 (水) 14:26:25 (76d)