キャラクター紹介

巨大複合企業体、「DOATEC」の若き総帥。恐るべき生体兵器の研究開発に手を染めた組織の過去を清算し、あらたなる一歩を踏み出した。父の遺志を受け継ぎ、健全なる精神の追求のため、第6回大会を宣言する。(DOA6公式サイトより引用)

特徴

極端な低姿勢になる仆歩(ふほ)と背向けを駆使して相手を翻弄しながら戦うトリッキーなタイプのキャラクター。上段はもちろん高めの中段技すら潜ることができるので、低姿勢にヒットする技を把握できていない人相手には無類の強さを発揮することができる。また背向け状態からできることも多いため、背を向けたからとうかつに前に出てくる相手を迎撃することも得意。一方、打撃・投げ・ホールドすべて火力があまり高くないので、少ないチャンスで押し切るようなことはできず、読み合いに勝たないといけない回数は多い。

立ち回り技

elena_fuho.jpg

仆歩。仆歩に移行した直後はこの姿勢で、この状態だと上段技を避けることができる。

elena_fuho_avoid.jpg

仆歩中に↓↓と入力すると上段技と多くの中段技を回避できる(SSはかすみの中段技、6Pを回避しているシーン)。ガードするよりも回避したほうが有利フレームが大きいので、手痛い反撃を食らわせられる。

浮かせ技

空中コンボ

基本戦術

上中段打撃は仆歩でかわし、相手が発生の良い打撃技を使いづらくしてからこちらは普通に中段打撃で攻める、というのが基本的な戦術。火力も発生も平凡なので、単純に打撃を振り合って勝つのは難しく、いかに相手の意識を散らせるかが大事になる。またリーチに問題があるキャラクター(マリー・ローズやクリスティなど)や投げが主体のキャラクターに対しては、背向け移行を使って距離を離したりして相手の技をスカらせてからその隙に差し込むということもできる。とにかくいやらしく、相手の本領を発揮させない戦い方を意識する必要がある。

対策

まず、仆歩に対して自分のキャラクターのどの技が当たるか、少なくとも立ち回りにおいて主力とする技について確認しておかないと、延々とわからん殺しされてしまう。それを把握したうえで、低姿勢をつぶす技と普通の技をしっかり混ぜて使っていくことが大事になる。低姿勢にあたる技は大抵発生が遅めなので、そればかり使うとと発生負けしてしまうことが多いからだ。火力は低めなので、チャンスの回数が同じかわずかに少ないくらいなら大方勝てると考え、多少読み負けてもいいと割り切って大胆に技を選択しよう。


添付ファイル: fileelena_fuho_avoid.jpg 1件 [詳細] fileelena_fuho.jpg 1件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-29 (水) 14:09:59 (76d)